疑似科学

(以下、ポエム)

僕は割とインターネット大好きおじさんなんだけど、まだおじさんになる前、青年の頃はインターネットに夢を抱いていたものだ。誰もが自由に情報を摂取できて、誰もが自由に意見を公開できる…それって最高じゃない? 誰かと誰かが意見を戦わせ、しかも第三者がその議論を観測できる。そうであれば、時間が経過すれば「人類の総意」みたいなものができあがるのでは? 不毛な論争もない平和な世界、さいこーだ! やったぜ!

でも、実際はどうなんだろう。「人類の総意」みたいなものはできる気配もないし、むしろ人間の思考はインターネット登場後、さらにバラついたような気がする。

むかし、ディジタルディバイドという言葉が流行した。おじさんは知っている。これは電子機器を使いこなせる人とそうでない人では摂取できる情報の量が劇的に違うから、そこに情報格差がうまれるという意味であった。2017 年になって思うのは、電子機器を使いこなす技術より、情報処理する人間自身に格差があるのでは、ということだ。

たとえば、日本人の 90% がインターネットにアクセスできるこの時代に、なんで水素水なんか流行るんだろう。ホメオパシーなんか信じる人がいるのだろうか。

我ながら「信じる」という言葉はよく出てきたものだと思う。こういうのは、もはや信仰や宗教の世界だよなーと思う。

科学はホメオパシーを否定できない」という記事を読んだ。

「ホメオパシーは科学に基づいた説明もしているのだから、科学的批判を受け入れなければいけない」という主張は、あくまで科学を前提にした批判に過ぎないものです。なぜなら、彼らは「科学は間違っているが、科学でさえ支持していると言っただけ。本来の説明は別だ」言い逃れることができるからです。こうして、科学をいいとこ取りで好き放題に使い、批判されたら切り捨てられるというのは、疑似科学の特徴とも言えるでしょう。

まさに、その通りだ。

NATROM さんの著書は Amazon での 平均の レビューが芳しくないようだ。これは 1 (最低点) をつけている人間が多くいることが原因だ。一方で 5
(最高点) をつけている人間も相当な数いる。これはどう考えればいいのか。信仰を否定された人間は、否定する側の人間に対して冷静でいられないということだろう。やれやれ。

公開情報と公開討論による「人類の総意」は、人の信心のせいで後退してしまった。悲しい。本当に、悲しい。

集中力という限りあるリソース

手持ちの電子機器すべてで、電子メールや SNS からの通知を切ることが、生産性の高い生活を送るための第一歩だと思う。

個人で所有している携帯や PC なら、「えいやっ!」と勢いをつければ、通知を切ることは可能だろう。問題は職場のコミュニケーションツールだ。Slack やら HipChat やら…。今の職場は Slack を採用している。通知を切っても、ドックにある Slack アプリが「新着メッセージ」を伝えてくる。どうしたものだろう…。

よくよく考えてみると、Slack はブラウザで閲覧することができる。Slack 専用のウィンドウを作成して、それを最小化すればいい。これで通知とは無縁な生活を送ることができる。なんという開放感だ!

ところで、僕は Slack などで行われる雑談が嫌いではない。むしろ、職場のコミュニケーションツールが極端に雑談成分が少ない場合、その職場はうまく行っていないんだろうな〜とさえ思う。問題なのは同期的な雑談だ。相手が話したいことを、自分が聞きたいタイミングで聞けることが重要だ。さらに言えば、返事も自分がしたいタイミングでできるとよい。

先日から『Deep Work』を読んでいるのだが、「ノイズの多い現代においては、”何かに集中できること” 自体がスキルとして価値のあるものだ」と書かれていた。その通りだと思う。

集中力を高めること自体も価値のあることだが、仕組み化することで補える部分は積極的に仕組み化していこうと思う。

Lint が通らないコードはコミットしない

新しいバージョンの Git では、Git フックをグローバルに指定できます。グローバルなプレコミットフックには、Linter を仕込むと便利です。わたしは次のようなシェルスクリプトをプレコミットフックで走らせています。

間違えてコーディングスタンダードから外れたコードをコミットすることがなくなり、開発が捗ります。

2011年にカナダで就職したときの話

(「転職 Advent Calendar」の21日目の記事として書いています)

「北米で仕事をしてみたいけど、どうしたらいいのか分からない」と思っている人も少なくないと思います。かつての僕もそうでした。

僕は2011年にカナダに渡航し、幸運にも現地の Hootsuite という会社で仕事に就くことができました。このときの経験を踏まえ、カナダでの就労に興味がある人に向けて記事を書こうと思います。

カナダで仕事をしようと考えた動機

2010年の末に Voyage Group を退職しました。

この時点で既に東京都内で3回ほど転職しており (平均勤続年数は2年弱)、次の職場を決めかねていました。当時の自分には国内で積極的に「この会社で働いてみたい」と思える場所はなく、国外も視野に入れて仕事探しをしようと思うようになりました。

「国外も視野に」となると、多くのソフトウェア開発者が最初に思い浮かべるのはシリコンバレーだと思います。僕もシリコンバレーの会社についてリサーチしましたが、ビザの問題にぶつかりました。アメリカには知人がおらず、日本人の僕にビザ付きのオファーを出してくれる会社が見つからなかったのです。

この問題を回避する方法の一つは、アメリカの大学を卒業することです。アメリカの大学を卒業すると一年間の就労が可能なビザが発行されます。しかも、最短九ヶ月で終わるカリキュラムもあるそうです

ただ、「最短九ヶ月」は僕には短い期間には思えませんでした。もっと手っ取り早くビザを手に入れられる方法はないかと調査したところ、ワーキングホリデービザに行き当たりました。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーについて、多くの人は「名前は聞いたことはあるけど、詳細は知らない」という感じではないかと思います。知人に聞いてみたところ、「海外でアルバイトをしながらバケーションを楽しむ仕組み?」と言われました。大きく外してはいません。

ただ、ワーキングホリデーは「アルバイトができる」程度のシロモノではありません。普通に社員として就労することも可能です。

ワーキングホリデーの仕組みは、渡航先の国によって細部が異なります。残念ながら、アメリカはワーキングホリデー協定国ではないため、ワーキングホリデーで渡航することはできません。代わりに、ここではカナダのワーキングホリデーに絞って書いていきます。カナダはアメリカと地続きであり、文化的にも共通点が多いためです。当時の僕は「とりあえずワーキングホリデーでカナダに引越して、機をみてシリコンバレーに移ろう」と考えました。

カナダのワーキングホリデーは「30才以下の希望者に、就学と就労を無制限に行える一年間有効なビザを発行する仕組み」です。ビザの取得条件は次の通りです。

  • ワーキングホリデービザの発給数が上限に達していないこと (国ごとにビザの発給数に制限があります。また、発給数は年によって変化します)
  • ワーキングホリデービザ引換証の申請時に30才以下であること (30才ちょうどでも大丈夫です)

また、ワーキングホリデービザ引換証の申請からビザの引換まで、一年間の猶予があります。つまり、うまく手続きをすれば31才~32才までの期間をワーキングホリデービザを使ってカナダに滞在することができます。

カナダでの職探し

英語がネイティブではないので、カナダに来て最初は語学を学ぼうと考えました。色々な選択肢がありますが、UBC という大学に付属する ELI という施設に通うことにしました。これにはふたつの理由があります。

  1. UBC の学生がメンターになる
  2. UBC の設備を (ある程度は) 使える

国外で仕事をしたことがないので、「もし就労が難しいようであれば、まずは大学院に通おう」と考えていました。なので、単なる語学学校ではなく、大学付属の施設に通おうと思ったのですが、これは正解でした。UBC は総合大学なので、コンピュータ科学専攻の学生も所属しています。彼らは技術に理解があるので、それを踏まえた上で僕の履歴書を添削してくれました。また、例えば大学図書館を学生と同じ身分で利用できることも便利でした。噂に聞いていた通り、北米の大学生はよく勉強するので、同じキャンパスで時間を過ごすことで刺激を受けられたように思います。

履歴書ができてしまえば、後は日本の転職活動と同じプロセスを踏むだけです。MonsterIndeed などの求人サイトで、自分のスキルにマッチした求人を探して応募します。多くの求人では「legally allowed to work in Canada (法的にカナダで働くことが許可されている)」ことが条件に含まれますが、ワーキングホリデービザを持っているのであれば問題ありません。

また、Meetup などを通して、応募先の企業に知人を作っておくと referral (紹介者) になってもらえる場合があります。北米の有名企業では referral がない場合は最初の書類選考で落とされてしまう確率が高いです。臆せずに色々な Meetup に出かけましょう。

その後のカナダ生活

ソフトウェア技術者は就労ビザの取得が容易です。ワーキングホリデービザが切れるタイミングで、どこかの現地企業に雇用されていれば、就労ビザに切り替えることは難しくないでしょう。カナダは移民に寛容な国なので、数年間滞在すれば永住権の取得もそれほど難しくありません。

もともとの「シリコンバレーで働きたい」という目標は、カナダで働いているうちに薄れていきました。僕が就職した Hootsuite はカナダ西海岸のバンクーバーにある会社です。バンクーバーはシアトル (アメリカのワシントン州) までバスや電車で行ける距離にあり、いわゆる「アメリカ西海岸カルチャー」を感じられる土地柄です。実際に、アメリカとの間での人材流動性も高く、十分にシリコンバレー “っぽさ” は堪能できたように感じます。

ビザや永住権を手にするということは、自由を手にするということです。その国に住み続けるか、日本に戻るか、自分の意志で決めることができます。カナダ渡航前と同じく日本に住んでいても、「自分の意志で、この国に住んでいるのだ」という実感があります。この感覚を得るためだけでも、カナダに滞在してよかったと思います。

カナダ滞在に関する小技

僕がカナダに渡航する前に知っておきたかったことを紹介します。

まず、ワーキングホリデービザを取得するタイミングです。ワーキングホリデービザは一年間のみ有効ですが、日本国籍保持者はビザなしでもカナダに三ヶ月ほど滞在できます。つまり、次のようにすればワーキングホリデービザだけで一年三ヶ月ほどカナダに滞在できます。

  1. カナダにビザなし (観光目的) で入国する
  2. カナダに三ヶ月ほど滞在する
  3. アメリカに移動する (国境を超える)
  4. カナダに戻る (国境でワーキングホリデービザを取得する)
  5. カナダに一年ほど滞在する

注意が必要なのは 2. で就職活動をしてはいけない、ということです。ワーキングホリデービザは就職専門のビザではないので、ビザが発行されるタイミングでは特定の雇用主がいてはならないという規定になっているからです。ただ、これはバレようがないので、実際には雇用主を確保した上で一年間の仕事をはじめるケースも多いようです。

まとめ

カナダでの就職について色々と書いてきました。まとめると次のような内容になるでしょう。

  • (カナダの) ワーキングホリデービザは31~32才まで使える
  • (カナダの) ワーキングホリデービザは就労目的に使える
  • (UBC などの) 総合大学付属の語学施設は、現役の大学生とつながりが持てる
    • 専門的な話で盛り上がれる場合がある
    • 専門的な内容を含む履歴書の作成を手伝ってもらえるときもある
  • Meetup で referral を探せる
  • 日本国籍の保持者であれば三ヶ月はビザなしでカナダに滞在できる
    • ワーキングホリデービザだけで一年三ヶ月まで滞在できる

この記事が、カナダでの就労を考えている方の役に立てば幸いです。