「信頼」が個人に帰属する時代

Amazonのレビューが信用できなくなった理由」という記事を読んだ。

まあそうだよね、と思う。レビューは金になる。金になるものは、アビューズされる。一昔前は検索結果がアビューズされた。なぜなら、「検索結果の上位」というのは金になるからだ。

こんな時代に、消費者は何を頼りにすればよいのだろう。僕は「信頼できる個人」なのではないか、と思う。

たとえば「子育てグッズ」について知りたいとしよう。僕の息子を笑顔にできる、最高の一品がほしい。Amazon で「おもちゃ」と検索してレーティングの高いものを買うべきだろうか。いや、そのレーティングは作り出された偽物かもしれない。

それならば、僕の息子と同年代の子どもを持つパパ友を頼りにするのはどうだろうか。「このおもちゃはよかった。このおもちゃはダメだ。このおもちゃは危ない」など、忌憚ない意見を言ってくれるのではないだろうか。何しろ、彼の発言にアフィリエイトリンクは含まれない。

うーん、書きながら、究極的には「インターネット広告」や「アフィリエイト」がよくないもののように思えてきた。インターネットでの発言に金銭的なインセンティブを持ち込むのはよくない。少なくとも発言がゆがむ。

ブログを書くモチベーション

少し前まで、ブログを書くモチベーションを失っていた。僕が書く技術的な内容は、すでにどこか (公式ドキュメントや書籍) で書かれたものの焼き直しであることが多い。それならば、読者は僕のブログの代わりに、それらの「公式ドキュメント」や「書籍」を読むべきではないか。

しかし、前述の記事を読み、気持ちが変わった。僕個人の体験は、仮に僕を信頼してくれる人がいるのであれば、それなりに価値があることだと今は思える。

何かの焼き直しではなく、自分の経験を踏まえて、忌憚なく物事について書いていこうと思う。

重要なこと

僕の発言は何かのアフィリエイトにもとづいたものでもないし、金銭的なインセンティブはない。若気のいたりから、過去の記事に Amazon アフィリエイトを含めたリンクを貼ったことがあるけれど、今後はもうしない (そもそも、過去においても小遣い稼ぎのために中身をゆがめて何かを紹介したことはない…はず)。

こんごともよろしくお願いします。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中