IntelliJ で Python の virtualenv を効かせる設定

IntelliJ の使い方が分からな過ぎて生産性が低い… つらい。

Python の virtualenv を使っている環境で、virtualenv 内のライブラリ群と Python 本体の組み込みライブラリの両方で補完やジャンプを効かせるのに苦労をした。うう…たかだかこれだけのことに、なんでこんなに時間を…。同じことで時間を無駄にしないよう、ここにメモを残す。

端的に言えば、「SDK」と「Modules」の両方に設定を入れる必要がある、ということを理解すればよい。

start

この何とも言えないアイコンから「Project Settings」に飛ぶ。

modules-dependencies.png

その後、「Modules => Dependencies」から「Python 3.6 interpreter Library」にチェックを入れる。

site-packages.png

最後に virtualenv の中の site-packages を Classpath に含めてやればよい。うまく反映されないようであれば、「File => Invalidate Caches / Restart…」を実行する。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中