Kotlin における無名オブジェクトのスコープ

Kotlin は無名オブジェクトをサポートしている。コード中で object { ... } として、オブジェクトを生成できる。

無名オブジェクトの型は、ローカル (もしくはプライベート) なスコープでしか使えない。このことを説明するため、公式ドキュメントには次のスニペットが掲載されている (日本語のコメントは筆者によるもの)。

知らないとハマりそうだ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中