Macで『ふつうのLinuxプログラミング』を学ぶ

ふつうの Linux プログラミング』という名著がある。

タイトルの通り、Linux プログラミングを扱った本なのだが、Mac では書籍のサンプルプログラムを動かせない場合がある。Mac は Linux ではないから、当然だ。

そういうときは Vagrant で環境を構築してしまえばよい。

適当なディレクトリに移動し、そこに futsu-linux ディレクトリを作成しよう。そして、futsu-linux ディレクトリ を含むディレクトリ に次の Vagrantfile を用意しよう。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.37.99"
  config.vm.synced_folder "futsu-linux", "/home/vagrant/futsu-linux",
    create: true, owner: "vagrant", group: "vagrant"
end

つまり、こういうディレクトリ階層だ。

$ tree
.
├── Vagrantfile
└── futsu-linux

ここで vagrant up すると、futsu-linux ディレクトリが Vagrant VM の /home/vagrant/futsu-linux にマウントされる。あとは vagrant ssh した先で、/home/vagrant/futsu-linux に移動して gcc なり何なりを動かせばいい。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中